Logo

BOOK NOW

宿泊予約

ご宿泊に関するお問合せtel. 092-461-0170

Images

SPEND A TIME
AT HOTEL

Banquet Terms

宴会規約

オリエンタルホテル福岡 博多ステーションでは、ご宴会または催事のご利用に関して、以下の通り定めておりますので予めご了承賜りますようお願い申し上げます。

宴会等の契約時に予約金をお支払いいただく場合がございます。予約金の金額はお見積総額に基づいてホテルより提示させていただきます。

ホテルより提示いたしました金額を指定期日までに前払金をお支払いいただく場合がございます。ご清算は、当日お支払いでございます。サービス料(10%)および消費税法に基づく消費税額(10%)が別途加算されます。

宴会場等のご使用開始から終了までのご契約時間(以下、宴会時間と称します)は、所定の室料金をお支払いいただいておりますが、この宴会時間を超過した場合は追加室料を頂戴することになります。ただし、次の会場使用時刻との関連で、使用時間の超過に応じられない場合もございますので予めご了承ください。

料理等を用意する人数(以下、有料人数と称します)は、ご宴会または催事開催日の3日前の正午までにホテル担当係員にご連絡ください。それ以降は全ての手配が完了いたしておりますので、お客様の人数が減少した場合でも、有料人数分の料金を頂戴いたします。

(1) ご宴会催事当日より91日以前 取消料 お見積総金額の20%
(2) ご宴会催事当日より90日から31日以前 お見積総金額の30%
(3) ご宴会催事当日より30日から15日以前 お見積総金額の50%、手配済のものは実費請求
(4) ご宴会催事当日より14日から前日 お見積総金額の80%、手配済のものは実費請求
(5) ご宴会催事当日 お見積総金額

ご宴会に関する装飾・音響・照明・余興等につきましては、ホテルより指定業者に手配させていただきます。お客様が直接ホテル指定以外の業者にご依頼される場合は、ご宴会を円滑に運営するため、事前にホテルにご連絡いただき、事前了解をお取り頂いた後にご依頼ください。又、ホテルの了解のもとにお客様がご依頼された業者が行うご宴会等に関する装飾・余興等の機器及び材料の搬入・搬出・設置場所・設営時間等の設定につきましては、ホテルの美観・他のお客様との事前調整・動線の事など考慮し、一定のルールで実施いただくようにホテルとその業者の方々とでご相談をさせていただきます。

お客様(お客様側の全ての関係者を含みます)及びお客様が直接ご依頼された業者の方々は、ホテルの施設・計器備品等を破損したり損傷したりしないよう充分にご注意ください。もし、施設・計器備品等に損傷等損害が発生した場合はホテルよりご指示申しあげますので、それに合わせて速やかに修理を行うか、またはその損害賠償をご負担くださいますようお願いいたします。

ご宴会等にご出席されるお客様が、法令又は公序良俗に反する行為をなさる恐れがあると判断した場合、あるいは他のお客様にご迷惑をおかけするとホテル側が判断した場合、またはこの「ご宴会催事規約」に違反があった場合は、ご宴会等のお申し込みをお断りするか、または既にご契約いただいた場合でも解約させていただくことがありますので予めご了承ください。

次に掲げる各項目につきましては禁止事項となっておりますのでご遠慮くださいますようお願いいたします。
(1) 犬(盲導犬を除く)・猫・小鳥・その他の愛玩動物・家畜等の持ち込み。
(2) 発火または引火性の物品の持ち込み。
(3) 賭博等の風紀を乱す行為、又はお客様の迷惑になるような言動、行為。
(4) 悪臭を発するものの持ち込み。
(5) 備付品の移動。
(6) ご予約使用目的以外の利用。
(7) その他 法令で禁じられている行為。

当ホテル(館)は、次に掲げる場合において、宴会利用契約の締結に応じないことがあります。
① 宴会場に出席する利用客の中に次の事由に該当する者がいる場合 (1) 暴力団、暴力団員、暴力団関係団体又は関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という。)
(2) 暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体
(3) 法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者のあるもの
② 当ホテル(館)の他の利用者に著しい迷惑を及ぼす言動をした場合
③ 当ホテル(館)もしくは当ホテル(館)職員に対し、暴力的要求行為を行い、あるいは、合理的範囲を超える負担を要求した場合
④ 宴会利用申出者の指定暴力団等における地位、宿泊の目的、人数・態様等に照らし、他の宿泊者の生命、身体、財産を害するおそれがあると認められる者がいる場合

当ホテル(館)は、次に掲げる場合において、宴会利用契約を解除することがあります。
① 宴会場に出席する利用客の中に次の事由に該当する者がいる場合 (1) 暴力団又は暴力団員
(2) 暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体
(3) 法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者のあるもの
(4) 他の宿泊者に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき
(5) 宿泊施設もしくは宿泊施設職員に対し、暴力的要求行為を行い、あるいは、合理的範囲を超える負担を要求したとき
(6) 当ホテルが定める利用規則の禁止事項に従わないとき